隠れた敵:軍事に介入する精神医学
軍事に介入する精神医学

「我々は兵士たちにこれほど広範囲に薬を投与したことはありません。そして今日起こっている自殺率の増加は、それに関係していないとは言えません。

軍において精神科医は、なぜ精神保健サービスの指揮下から外されていないのでしょう?」

「これは、軍の指揮系統におけるその他の地位では、指導権を変えられてしまうような状況です。」

―バート・ビリングス、臨床心理士
元合衆国陸軍予備軍中佐

今日、精神医学と向精神薬が蔓延する世界のあらゆる軍隊において、毎日23人の兵士や退役軍人が自殺しています。 精神科医によると、必要なのはより多くの精神医療だということです。

しかし彼らを信用すべきでしょうか?

それとも精神医学こそが、隠れた敵なのでしょうか?

80人以上の兵士や専門家のインタビューを取り上げたこの詳細なドキュメンタリーでは、世界中の軍隊を内部からむしばむ真の敵を暴きます。

最も危険な敵は、あなたが疑いもしなかった人物です。

詳しくはこちらへ:「隠れた敵:軍事に介入する精神医学」»
DVDを購入する

ダウンロード